お金を借りるまでのざっくりとした流れ

「お金がどうしても足りない!」「でもどこから借りればいいのかわからない!」「今すぐ借りたい!」「プロミス審査に通らない!」と言う人はどうすればいいのでしょうか?
まず、お金を借りるまでをざっくりと大まかな説明をしましょう。

借り入れまでの流れ

手順はこんな感じです。
プロミスなどの消費者金融を選ぶ前にまず初めに知っておきたいのは、どのようなサービスと審査内容があるかということです。
お金を借りるとテレビドラマみたいにお金を取り立てに来るんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、消費者金融から借り入れをするとそのようなことにはならないので安心して下さい。審査があるのはそのためです。
プロミスなどのキャッシングサービスは、ATMからお金を借り入れて、ATM振込や口座振替で返済するので、実際に人と接すること自体少ないのです。
もちろん人と相談して決めて行きたい方は、窓口から借り入れを行うことも可能です。
ですが、営業時間外の借り入れは時間帯を気にせずに使うことが出来るので、どのような利点があるのかを知っておくことは大切です。

消費者金融を選ぶ

消費者金融を選ぼうと思っても、どれがいいのかよくわかりませんよねそこで、それぞれの特徴を比較してみましょう。

消費者金融 金利 限度額 融資スピード 審査時間
プロミス 4.5~17.8% 500万円 最短1時間 最短30分
モビット 4.8~18.0% 500万円 最短1時間 最短30分
アコム 4.7~18.0% 500万円 最短即日 最短30分

数字で見ると小さな違いですが、金利や融資・審査のスピード等に違いが見受けられます。
まず、これを見て判断するべき所は金利の上限です。
一番高い金利は17.8%のプロミスであれば、それ以上高い金利を払うことがなくなるので、モビットと同じ条件で借り入れた場合も支払う金額が安く住む場合が有ります。
最初に借り入れが出来る金額は実はあまり高くなく、その上限額によって金利が決まります。
そのため、借り入れが出来る額が小さいほど、金利が高いため最初に借り入れをする時は金利の最高が低いところを選ぶのが吉だと言えるのです。
またこれ以外にも見ておくべき点は『無利息期間』なども気にしてみてはいかがでしょうか?
無利息期間とは、金利が発生しない期間の事で、借りた額をそのまま返せばいい期間のことを指します。
そのため、スグに必要だけれど給料が入ったら返せる。という人にはうってつけのサービスになっているのです。
ただし、消費者金融を選ぶときに『ブラックOK』などの文言を出している所は信用しないほうが良さそうです。
何故ならば、そのような所は俗にいう『闇金』というもので、違法な業者である可能性が高いからです。
そのような所から借り入れると、金利が150%などの10倍以上のお金をだまし取られることがあります。
なので、絶対にそのようなところには手を出さないようにしましょう。審査がないと危ない可能性があります。

ご利用申し込みの手順

実際にプロミスなどの消費者金融を選んでから審査を通し利用するためには、まず申込をして契約をする必要があります。
利用の申込みは各種金融機関で色々なやり方を設けています。

  • 直接窓口にいく
  • 電話での契約
  • 無人契約機を利用する
  • 携帯、スマートフォンから申込み
  • 郵送での契約

インターネットを使ったWeb完結の申込みが最近人気であるようです。利点としては外に出ずに申込みが出来るので、周囲に知られることが無いからということです。
電話でも可能ですが、電話代を気にされる方も多いことからインターネットを使った利用が人気なのではないでしょうか。
また、インターネットを使った契約では質問がし辛い欠点もあります。
窓口で話を聞いていると出てきた疑問にすぐ答えてもらえるのですが、直接人に合うのは怖い。と言った人もいらっしゃいます。
その場合は、無人契約機を使ってみてください。直接合うのではなく、ATMの様な画面越しに通信をして契約を行うことが出来るので、疑問にもスグ答えてもらえます。
また、プロミス審査の前に事前にプロミス借入診断を受けておかれる事をオススメします。
プロミス借入診断は、生年月日・年収などを入力するだけですぐにプロミス審査に通過できるかどうか分かります。
いざ審査!となって、プロミス審査に通らなかった場合、時間が無駄になりますので予め確認しておきましょう。


プロミス借入診断はコチラ

審査の流れ

みなさんの一番大きな不安点は審査ではないでしょうか。
どの申込みをしても、これは確実に行われます。
ですが、安心して下さい。
消費者金融による審査は実はそんなに厳しいものではありません。
プロミスや、アコムなどで契約をするときにインターネットで予め申込み手続きをしておきましょう。電話などで申込みも出来ます。
その後、審査結果の通知を貰ってからカードの発行に窓口や無人契約機に出向くと契約が完了します。
審査結果の通知はメールや電話、郵送と各金融機関によって様々なので注意が必要です。
プロミスを例に審査基準を確認していきましょう。

プロミス 審査の基準

20歳以上~69歳以下で、本人に安定した収入のある人、が審査対象となります。
未成年者や70歳以上の高齢者は審査する前にお断りされます、ご注意下さい。
主な祭典項目としては
年齢、年収、勤務先、勤続年数、勤務状況、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険 を中心に審査されます。
審査される内容は、例に上げますと
『25歳男性、年収400万、会社員勤続3年、賃貸にて一人暮らし3年目、社会保険有り』
といった方の場合は過去に携帯料金滞納などの、払い損じが無ければ問題なく借り入れをすることが可能です。
このような方の場合、年収が安定していて勤続年数も今後の心配にならないと判断されるからです。
それでも断られてしまった場合には、他社での借入状況や過去の借入履歴、金融事故が問題になっている可能性が高いです。
また、別の例をあげますと、年収が無い専業主婦の場合も断られてしまう可能性があります。
消費者金融に関する法律の中に、年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという法律があります。
これを総量規制と言い、年収が0円の3分の1も0円なので、貸付をすることが出来ないからなのです。
また、初めての借り入れで、限度額を高い値段に設定するのは避けましょう。
過去に返済の経験が無い人に、100万円を貸して帰ってくるのかが金融会社も不安視してしまいます。
金利を低く設定できるからと言って高く設定してしまうと、審査の際に『お金に困っていて返済できない人かもしれない』と思われて、審査落ちをしてしまう可能性がのも忘れてはなりません。

実際に借入出来るまで

その後審査が終了してからは、書類を提出します。
そして窓口、無人契約機、郵送にてカードを受け取り、対応のATMや窓口で実際にお金を借り入れることが出来ます。
審査の結果は、メールや電話で返答される場合が多く、プロミス、アコム、アイフルなどでは早くて30分ほどで完了するので、お急ぎの方にも嬉しい限りです。
書類の提出は、本人確認書類(免許証や保険証等)などの簡単な書類です。
ですが、利用限度額が最初に50万円以上を超える場合は収入証明書類も必要となりますのでご注意下さい。
後は、実際に借り入れをした金融機関の対応ATMは各社ホームページで調べることが出来るので、最寄りのATMを使って借り入れをしましょう。
借り入れをする時は、返済できるまでの目処を持って、計画的にご利用下さい。

よく読まれている記事

最新情報

2015年8月31日
審査
学生でも使える可能性はある!
学生でも使える可能性はある! プロミスといえば、大手キャッシング会社であり人気の高いサービスを提供しています。・・・
2015年8月30日
審査
来店不要で受けられるプロミス審査
プロミスの申込み時の注意点 日本においてはキャッシング会社も非常に多くなってきており、融資サービスも多様化する・・・
2015年8月29日
審査
低金利設定で有利なプロミス審査
スピーディーな融資が可能なプロミス審査 スピーディーなキャッシングで融資を受けたいという方にはプロミスのキャッ・・・
2015年8月28日
審査
プロミス審査で通過するために欠かせない事
プロミス審査で通過するために欠かせない事 キャッシングでプロミスの利用をされるという方は、総量規制で制限されて・・・
2015年8月27日
審査
プロミス審査は担保不要保証人不要
プロミスの魅力 プロミスって誰もがご存知のSMBCコンシューマーファイナンスのブランドですね。この会社のキャッ・・・

このページの先頭へ